HOME

BEGINNER

CONTACT

SEARCH

MENU

View
2880

結婚式無料プレゼントキャンペーンは本当にお得になるのか?徹底解説!

「結婚式無料プレゼント」と呼ばれる結婚式場のキャンペーン企画を目にしたことはありませんか?

 

今回は、この「無料キャンペーンは本当にお得になるのか?」という部分を掘り下げて皆さんへお伝えしていきます。

 

「結婚式無料キャンペーン」

 

「組数限定で結婚式を無料プレゼント」

 

もし、あなたがこのような無料キャンペーンに当選した、応募した、ハガキが届いたなら、

 

式場へ行く前に、ぜひこの内容に目を通して「そのキャンペーンがあなたに合っているか?」を判断してほしいと思います。

 

実際にあった「無料キャンペーンの中身」と「実際はどうなの?」という部分をお伝えしていきます。

結婚式の無料プレゼントの内容とは

「毎月○組のカップルに結婚式を無料でプレゼント!」

 

「このハガキを持っている人だけ結婚式を無料でプレゼント!」

 

という式場の無料キャンペーンがあります。

 

全ての式場が行なっているキャンペーンではなく、一部の式場で行われているのをよく見かけます。

 

一般的にホテルや専門式場(ゲストハウス)で行う結婚式の内容は、

 

・挙式(キリスト式・人前式・神前式)

・披露宴

 

この2部構成になっていることがほとんどです。

 

では、この「結婚式無料プレゼント」は何が無料になっているか?と言うと・・

 

・挙式料

・ウェディングドレス&タキシード

・新郎新婦ヘアメイク

・ブーケ&ブートニア

 

上記の内容が無料になっている場合が多いです。

※式場によっては挙式料と衣装のみ。挙式は人前式に限るなど、それぞれ内容が異なります。

 

金額にすると・・

 

・挙式料 10万~20万

・ウェディングドレス&タキシード 20万

・ブーケ&ブートニア 3万~5万

・新郎新婦ヘアメイク 6~8万

 

もし、上記の挙式料やドレスなどの衣装代が全て無料でできるのであれば、とってもお得に感じますよね?

 

軽く50万円分は無料になるように思えます。

無料の内容に注目しよう

先ほど述べたような「挙式料」や「新郎新婦の衣装」など、式場によっては若干の差があるものの、

挙式を行うために必要な項目が無料という内容になっていることが多いです。

 

ここで重要なのは「無料キャンペーンの適用には所定の条件が必要です」という条件が記載されている内容です。

 

では、どんな内容が記載されているのかをご紹介します。

 

・〇〇名以上の披露宴を実施される方

・当選ハガキ(当選告知)を持って○月中にご来館頂ける方

・2019年○月~○月に挙式・披露宴を実施される予定の方

・お持ち込みは一切お断りしています

 

このように「挙式と披露宴」を実施される人、期間を限定している、持ち込みが一切できない。

という条件付きになっていることが多いです。

 

一方で、披露宴・その他費用にはこのような項目があります。

 

・料理

・飲み物

・引き出物、引き菓子、バック

・ペーパーアイテム(招待状、席次表、席札)

・装花(メインテーブル、ゲストテーブル、マイク、ケーキ)

・会場使用料(ブライズルーム、親族控室、貸切料)

・サービス料(料理と飲料代の5%~10%)

・写真(前撮り・当日スナップ・集合写真)

・映像(ビデオ撮影・エンドロールなど)

・衣装(お色直しドレスや和装)

 

他にも細かな項目はありますが、大きく分けても上記のような内容を選んでいくことになります。

もちろん、無料ではなく有料になっているはずです。

挙式プレゼントはお得なのか?

無料キャンペーンの対象となっている項目と、挙式+披露宴を行うその他の項目は先ほどご紹介させて頂きました。

 

では「挙式プレゼントはお得なのか?」という疑問が残ってますよね。

 

結婚式を決めるときにまず最初に新郎新婦の二人が行うのは「式場見学」です。

 

その式場見学の時に見積もりをもらいます。

 

この見積もりには、先ほど紹介した項目(挙式料、衣装代、お料理など)が一覧となっており、それぞれの単価と数量と合計金額が記載されています。

 

<見積もり項目例>

挙式料 200,000

会場使用料 100,000

料理 ¥12,000 人数100名 合計¥1,200,000

引き出物 ¥3,000  80個 合計¥240,000

…etc

 

そして、この項目の中から「挙式プレゼントキャンペーン」で該当する内容が無料になるように値引きされています。

 

最初に上げた項目で例えるなら、、

 

・挙式料

・ウェディングドレス&タキシード

・ブーケ&ブートニア

・新郎新婦ヘアメイク

 

この定価の金額が全額値引きされているということですね。

 

一方、通常のブライダルフェアや無料キャンペーンを行っていない式場で見積もりをもらうと、以下のように値引きされている見積もりをもらうことになります。

 

<見積もりの値引き例>

挙式料 200,000  →¥100,000

会場使用料 100,000 →全額OFF

料理 ¥12,000 人数100名 合計¥1,200,000 →お料理金額の5~10%OFF

引き出物 ¥3,000  80個 合計¥240,000 →引き出物金額の5~10%OFF

 

ここで紹介していない項目(サービス料、衣装代など)も値引きが入っていたりします。

 

また、全体の見積もり金額から「フェア特典」として「〇〇万円値引き」という形の見積もりも存在します。

 

上の見積もりでも、値引き金額を合計すると50万~80万は引いてある見積もりも普通にあります。

 

つまり、式場さんによって、見積もりの値引きする項目や表記が異なるということです。

違いは値引きの見せ方

ここでお伝えしたいのは「値引きの見せ方」です。

 

冒頭でお伝えしていた結婚式無料キャンペーン、そして一般的な式場の見積もり値引き。

 

どちらも何十万と値引きされた見積もりになります。

 

「あれ?総額ってあまり変わらない・・」

 

というケースも珍しくありません。

 

つまりどういう事かというと、

 

「実際の結婚式の総額は普段と同じで変わらず、値引きの見せ方を変えている」

 

というケースがとても多かったのです。

 

普段は値引きできる項目や全体から100万円を値引きする。(そのように見せている)

 

そこで挙式無料キャンペーンでは「挙式に関わる項目」を値引き対象に変えている。

 

挙式に関わる費用50万円→0円

その他の項目で50万円値引きする。

 

これで、総額100万円の値引きした見積もりが出来上がる。

 

「挙式に関わる全ての内容が無料でできます!あとは披露宴やお色直しなど、お二人が選ばれた内容で調整できます」

 

というキャンペーン企画ができます。

 

でも、実際には普段と同じ金額になるわけです。

新郎新婦へアドバイス

お二人にとって、結婚式場の見積もりは初めて見る内容だと思います。

 

私もよく式場見学に新郎新婦さんをお連れするのですが、

 

「この見積もりの何が高いのか?安いのか?よく分からない」

「式場によって項目が違うので、どんな内容なのかまだ分からない」

 

という感想をよく聞きます。

 

それもそのはず、結婚式場の仕組みや見積もり、選べる内容は式場によって全く異なりますし、新郎新婦によって「予算・好み・優先順位」も違います。

 

そのことから、結婚式は他人と比べることができないのです。

 

さらに、結婚式の費用は「打ち合わせが始ってから決める」ということがほとんど。

 

つまり、最初にもらう見積もりは、あくまでも概算であって、打ち合わせが始まってから初めて新郎新婦が内容を選べる(実感できる)ようになります。

 

結婚式無料キャンペーンは、その式場へ行く「きっかけ」と捉えるべし

この結婚式無料キャンペーンは、あくまでも新郎新婦さんがその式場へ行く「きっかけ」に過ぎず、良し悪しもありません。

 

それは、先ほど申し上げたように「新郎新婦によって選ぶ内容が違う」という結婚式の仕組みがあるからです。

 

「自分の望んでいる内容や希望が叶う式場なのか?」

 

これが、式場を選ぶ際にとても重要になります。

 

式場の豪華さや雰囲気が良くて、気分が盛り上がった勢いで決めた方々(即決した方)が、「後になって後悔した・・」という話を今でも耳にします。

 

その中の一部に、結婚式無料キャンペーンで当選したから行ったけど、結局大赤字で本当にお得だったのか分からない。という実際の新郎新婦の声がありました。

 

つまり、どのような契約を結ぶかが非常に重要であるということです。

 

式場見学は同時に数件の式場を見比べることをお勧めします。

 

もし、あなたがこの無料キャンペーンの式場に行ってみたい!(候補の一つ)という場合、同時に複数の式場へも見学に行くことをお勧めします。

 

たった1つの式場を見ただけで、数百万円の契約をするのはリスクが多いです。

 

後になって「しまった!」と後悔したくはないですよね?

 

式場を決める時には「数件の式場」を見比べて見てください。

 

そうすると、

 

「チャペルはあそこの式場が良かった」

「スタッフさんはこの式場が印象良かった」

「この式場はこの部分が一番良かった」

 

など、式場の設備や雰囲気を体感することができます。

 

そして、見積もりの見方や、他の式場と比べて気になる部分も自分の中に出てくるはずです。(逆にここは無しだ。のような消去法も出てきます)

 

さらに重要なのが、結婚式で希望していること、どんな結婚式にしたいなどを具体的に夫婦間で話し合うことも大切です。

 

例えば、「前撮りでロケーション撮影したい」と思っていたのに、打合せが始まってから初めて「ロケができない」ということに気付く新郎新婦もいます。

 

やりたいことは新郎新婦によって違いますし、式場ごとにできるできない、頼みたいものが無かった。など、その式場で自分たちが叶えたいことが手に入るのか?という部分がとても重要なのです。

 

式場見学の段階からすでに準備は始まっており、式場によって取り扱っている内容も設備も料金も全く違います。

 

その中で自分たちの理想の結婚式を挙げたいのであれば「自分たちに必要な情報と正しい知識」を手に入れることも「結婚式の準備の一つ」となります。

 

それを踏まえて、無料キャンペーンの式場が出している条件、他の式場との違い、自分たちの希望と予算を照らし合わせて見ることが重要です。

 

式場即決厳禁!見学時に交渉必須!

即決しないことも後悔しないためのポイントです。

 

確かに「今日決めて頂けたら〇〇万円値引きします」というトークは多く存在します。

 

これは営業の基本的なスタイルで「相手の気持ちが盛り上がっているときの一押し」にもなるからです。

 

絶対にその日でないと値引きされない・・かというと、そうでもない式場も多いです。

 

また、このタイミングで「式場と交渉」することも重要なポイントです。

 

例えば、式場A,B,Cと3件の式場見学に行ってAの式場が気に入っているとしましょう。

 

式場にはあなたの担当者がいるはずなので、

 

「いろいろ考えたけど、やっぱり〇〇さんの式場Aが一番いいなと思いました。でも・・〇〇の部分だけ式場Bが良かったので迷ってます」

 

こんな言葉をかけられたら「その部分をクリアすれば決めてくれますか?」と流れにも繋がりやすくなります。

 

持ち込みにしても、金額の交渉にしても、先ほどの無料キャンペーンにしても、新郎新婦が式場を選ぶ決め手となるものが明確になれば「条件を近づける」ということができる式場もあるからです。

 

もし、そのような交渉ごとが苦手であれば、自分たちで式場見学に行くのではなく、フリーランスのウェディングプランナーやプロデュース会社、また式場紹介サービスを行っているブライダル業者へ相談して式場を決める方法もあります。

 

確実にあなたよりも知識と情報量、経験もあるので、言い方を変えれば「理想を叶えるために利用する」という選択です。

 

結果的にお二人が理想とする結婚式を挙げることが「目的」であって、

結婚式場を決める入り口は、目的を達成するための「手段」です。

 

自分で交渉することでも可能になったり、プロに依頼したり、お二人の目的に合わせて選択することが、理想の結婚式を挙げるためにとても重要なプロセスになります。

まとめ

今回は「結婚式無料プレゼントキャンペーンは本当にお得になるのか?」というテーマでお話しました。

 

要約すると、

 

・無料キャンペーンは見積もりの見せ方が違う

・総額はさほど変わらないことが多い

・自分がやりたいことが叶う式場なのかが重要

・そのための情報や知識を手に入れる

・契約前の交渉が「費用・内容」に直結する

 

今までたくさんの結婚式に出席した方でも、自分ごととなると「話は別」になります。

 

結婚式は人の内容と比べることができないからこそ、

 

「あなたの理想とする結婚式を実現するために必要な情報と正しい知識」を手に入れることがとても重要です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました☆


Photo&videographer / Wedding producer

KAZUTO YAMASAKI

九州・熊本を拠点としたウェディング映像制作・写真撮影・ブライダルプロデュースを行っているAVENIRDESIGNの代表であり写真と映像のカメラマン。

 

海外ウェディング会社との業務提携によりハワイウェディングへ業務拡張を行うと同時に、海外でも日本と同様にブライダル独特の規制や仕組みを知ることになる。

 

熊本地震で被災し経営危機に陥るが、株式会社VARIEの川久保氏との出会いがきっかけとなり、自社ができる価値提供やビジネスについて学ぶ。

 

その後、熊本だけでなく福岡・東京からの依頼も広がり、企業向け映像制作やフリーランスの経営支援など、幅広い分野で活躍している。

 

「結婚式で後悔したくない」「叶えたい結婚式」があるのなら、

「正しい知識と自分たちに必要な情報を知る」ということがとても重要です。

 

VIRGIINITYを通してあなたに必要な情報をお届けします。

WRITERS ARTICLE

九州・熊本を拠点としたウェディング映像制作・写真撮影・ブライダルプロデュースを行っているAVENIRDESIGNの代表であり写真と映像のカメラマン。

 

海外ウェディング会社との業務提携によりハワイウェディングへ業務拡張を行うと同時に、海外でも日本と同様にブライダル独特の規制や仕組みを知ることになる。

 

熊本地震で被災し経営危機に陥るが、株式会社VARIEの川久保氏との出会いがきっかけとなり、自社ができる価値提供やビジネスについて学ぶ。

 

その後、熊本だけでなく福岡・東京からの依頼も広がり、企業向け映像制作やフリーランスの経営支援など、幅広い分野で活躍している。

 

「結婚式で後悔したくない」「叶えたい結婚式」があるのなら、

「正しい知識と自分たちに必要な情報を知る」ということがとても重要です。

 

VIRGIINITYを通してあなたに必要な情報をお届けします。

WRITERS ARTICLE