HOME

BEGINNER

CONTACT

SEARCH

MENU

View
186

結婚式の前撮りするならスタジオ撮影orロケーション撮影?内容徹底比較!

前撮りを比較検討し始めると、必ずスタジオ撮影が良いか、ロケーション撮影が良いか選択をする場面が出てきます。

 

はじめから自分たちはこっち!というのがはっきりしていれば良いのですが、そうではなくどちらが良いか迷ってしまい、

何を基準に決めて良いかわからなくなってしまうと困りますよね。

 

それに、事前にネットで検索する際も、自分たちがスタジオで前撮りをしたいか、

ロケーション前撮りをしたいかをはっきりとさせておけばカメラマンや撮影会社を探す時間も大きく省くことができます。

 

今や、カメラマンや撮影会社はたくさんあり、撮影プランも様々です。その中でたった1つプランを決めなくてはならないということ(もちろん前撮りは何度行なっても良いですが。笑)

 

結婚式の準備が忙しい中スムーズに準備ができるように、ご参考いただけたらと思います。

前撮りはなぜするの?

まずはそもそもの部分、少し触りの内容としてご説明をします。

 

前撮りとは、結婚式の前のタイミングで、結婚式とは別日、一般的には婚礼衣装(ウェディングドレスや和装、最近は私服でも)を着て、写真撮影を行うことを言います。


結婚式の当日だけですと、新郎新婦おふたりだけの写真撮影を行う時間が少ないことが多く、

ゆっくり撮影できない為に前撮りが行われるようになりました。

 

また、事前に撮影しておくことによって、ウェルカムボードやペーパーアイテム、ムービーなど結婚式に使用するアイテムにも使える為、

メリットが多いのも前撮りの良いところです。

それぞれのメリット、注意点がある

もちろん上記のようなメリットもありますが、注意点もあります。

 

ウェディングドレスや和装を借りる場合の衣装代やヘアメイクなどが必要になる為に安く撮影できることはほとんど難しいと思います。


(ホームページ上では安い料金で謳っていて後々オプションやプラス料金で値段を上げていく料金形態もよくあります)

 

その為、しっかりと検討をしていく必要があるかと思いますが、何を基準に検討して良いのかがわからないかと思います。

それでは次項からそれぞれの内容を詳しくご説明していきますね。

スタジオ撮影のメリット

スタジオとは、写真撮影のために作られたスペース

背景が白かったり、ハウススタジオと呼ばれるようなおしゃれな家に見立てた空間のことを言います。

さて、その中で前撮り撮影することのメリットとは何でしょうか。

 

撮影時間が短くて済む

ヘアメイクや衣装の着付けなどはスタジオと同じ建物内で行われることがほとんどです。

 

そのため移動時間が発生せず、大体ですがヘアメイクに1時間30分〜2時間、撮影に30分〜1時間くらいではないでしょうか。

 

これはロケーション撮影から比べると短いです。

ロケーション撮影ですと撮影中も移動がありその分時間がかかります。


新郎新婦がお仕事で忙しく、休みが取れないような場合、時間が少なくて済むのはメリットになるのではないでしょうか。

 

体力的な負担が少ない

写真を撮られるというのは思ったよりも体力を必要とします。

撮影後ヘトヘトという言葉もよく聞きます。

 

これは、ロケーション撮影と比べてという内容になりますが、ただでさえ写真撮影だけでも体力を使うのに、

外へ移動してさらに写真を撮ることよりもスタジオで全て完結できた方が、疲れないかと思います。

 

例えば、新婦さんがご懐妊中であったりいつもより体力的に不安がある場合はスタジオ撮影の方が良いかもしれません。

 

安定した撮影環境で撮れる

撮影環境というのは様々な要因によって変化していきます。

天候(晴れ、曇り、雨)風の強さ、足場、周りの状況(写真の背景)、場所の光、

などなど色々ありますが、ロケーション撮影ですと様々な要因が関わってきます。

 

ですが、スタジオ撮影ですとストロボ(フラッシュ)などを使ったりしながら安定した光、風も無いから、不用意に髪型が崩れることも少ないです。

 

そのため天気を気にする必要も無いですし、結果的に写真のイメージの相違も少ないのでは無いでしょうか。

 

正直カメラマンによってそんなに仕上がりの差は少ない

よい意味での、決まった撮影方法というのは結果的に出来上がる写真のクオリティが安定します。

 

ストロボによる光の当て方、これくらいの距離から、この機材で、こんな風に撮影するといった、大まかな内容でも撮影の基準があれば、大体のカメラマンが同じように撮影できるでしょう。

 

おそらく、事前に撮影会社と打ち合わせした際に見本の写真を見ることができるかと思いますが、

その見本の写真と比べても仕上がりの差はほとんど出ないかと思います。

 

もちろん、上手なカメラマンはもっと細かいところを見ます。

 

少しの光の当て方で写真の印象、新郎新婦がより良く見える角度、その場の雰囲気作りなど単純では無い部分はたくさんありますが、

大まかな部分として見本の写真と大きな差は出ないと思います。

 

ロケーション撮影と比べるとリーズナブルに撮影できる

ロケーション撮影の場合、カメラマンの撮影費、衣装代、ヘアメイク代の他に、移動費や場合によってはロケーション先の場所代(撮影許可のための料金)が発生しますよね。


また、撮影時間が長くなるため、カメラマンやヘアメイクさんの拘束時間が長くなるため、その分料金が高くなることも多いです。

 

よって結果的にロケーション撮影はスタジオ撮影と比べて料金が高くなりがちです。

スタジオ撮影のデメリット

さて、ここからはスタジオ撮影のデメリットについてお伝えいたします。

 

あくまで、ロケーション撮影と比べての内容でもありますので、スタジオ撮影かロケーション撮影の比較の参考にしてみてください。

 

写真のバリエーションが少ない場合が多い

ロケーション撮影と比べて、背景のバリエーションは少ないですよね。

 

その結果、写真のバリエーションが少なく見えるかと思います。

 

よほど大きなスタジオで一軒まるっとハウススタジオとして使用できるような環境で無い限り、

写真のバリエーションという意味ではロケーション撮影に軍配が上がります。

 

さらにスタジオでは白い背景しか用意が無いスタジオも多いため、全ての写真データが白一色ということも珍しくありません。

 

スタジオの中でカメラマンを目の前にする為緊張してしまうかも

写真に撮られるというのが苦手な方、カメラを向けられると緊張してしまうという方。

そんな方はより緊張してしまうかもしれません。

 

もちろんカメラマンの雰囲気や撮影現場の雰囲気に大きく左右されますが、

基本的には新郎新婦おふたりの前にはカメラがあります。

 

それがロケーション撮影では周りの自然があったりとリラックスしやすい環境になるため、

スタジオ撮影の方が緊張しやすい環境といえるでしょう。

ロケーション撮影のメリット

ここからはロケーション撮影に関してご紹介したいと思います。

まずはメリットから。

 

自分の好きな自然の景色と撮影出来る

例えば、木々の緑、海、夜景などなど。

色々な場所を選べるのがロケーション撮影の良いところです。

 

新郎新婦おふたりの思い出の場所を選ぶこともできますし、好きな場所を選ぶこともできます

(厳密には写真撮影の許可が必要になるためどこでも平気という訳ではありませんが)

 

スタジオと比べてバリエーションは多く撮影出来る

上記のように様々場所でできるため、出来上がる写真のバリエーションは大きく増えるかと思います。

 

例えば海で撮影したとします。

カメラマンが新郎新婦おふたりから遠ざかり、引きの絵で海と撮ることも出来れば、寄って撮ることももちろん出来ます。

 

スタジオですと、引いて撮るにも限度がありますよね。

単純にそれだけでも写真として違いが出てくるため、例えば1時間の撮影内容だと結果的に大きな差になるのでは無いでしょうか。

 

自然の中で撮影出来るのでリラックス出来ることが多い

スタジオ撮影の場合緊張してしまうかもという内容を書きましたが、

その逆で、ロケーション撮影だとリラックスして撮影できる可能性が高くなります。

やはり自然は偉大です。笑

好きな場所だったり、行ったことがある場所ならなおさらです。

 

そして結果的に、写真に写る時の表情に反映されます。

自然なおふたりの表情を写真に残したい時はロケーション撮影の方が向いていると思います。

 

時間帯、天候、カメラマンの技術が良ければ、綺麗な自然の光を活かした写真が残せる

例えば、

綺麗な夕日で。

マジックアワーの時間帯に淡い光で。

午前中のキラキラした木漏れ日の中で。

曇りの柔らかな光を活かして。

雨の中でも、ストロボを使いドラマチックに。

 

こんな風に撮影できるのもロケーション撮影の良いところです。

 

それには撮影時の状況と、それを活かせるカメラマンの技術が必要ですが、

そこさえ揃えばとても素敵な写真が残せるでしょう。

ロケーション撮影のデメリット

ここからは、デメリットについて触れていきます。

書いてみると少しデメリットが多い気がしますが、笑

決して前撮りに対して億劫にはならないでいただきたいと思います。

あくまで、ロケーション撮影を行う際の注意点として、見ていただきたいと思います。

 

移動時間が発生する為、撮影時間が長くなりがち

スタジオ撮影と比べてのことですね。

お支度(ヘアメイク、着付け)をしてからタクシーなどの車に乗って撮影場所に移動する際にかかる移動時間、撮影の時間も歩いて移動するかと思いますので、スタジオより多めに取っていることが多いです。

 

料金がスタジオ撮影より高い場合がほとんど

スタジオ撮影の内容でご説明しましたが、車での移動費、カメラマン、ヘアメイクさんの拘束時間、撮影場所の申請料金などによって、

基本的には料金が高くなる場合がほとんどです。スタジオとロケーション撮影の差額まではその写真会社やカメラマンによって様々です。

 

真夏、真冬など、気温によってはとても大変

 

やはり大変なのは真夏ですね。例えば連日30度を超える暑さの中で、外で和装を着て1時間動きっぱなし。。。

 

真冬の夜、夜景と撮影するためにウェディングドレスで肩を出して撮影。。。

 

いかがでしょうか?

とても大変です。

 

夏なら水分補給をしたり、なるべく日陰で撮影したり。

冬ならカイロを使ったり、撮影の合間に上着を着たりとできる限りのことはいたしますが、大変さは変わりませんよね。

 

事前に想像出来たら良いのですが、そうで無い場合その過酷さにびっくりするかもしれません。。。

 

天気の影響を受ける

せっかくなら青空の下で写真を残したい!

そう思えば思うほど、撮影日前は毎日天気予報が気になります。

もしも、青空を想像したのに、前撮り撮影日当日は曇りだった。。。

とても残念な気持ちになってしまいますよね。

 

天気ばかりはどうすることもできないので、あくまで天気に関しては思い通りになったらラッキーぐらいの気持ちでいることをおすすめいたします。

 

カメラマンの実力にかなり写真の出来栄えが左右される

一概にロケーション撮影だけとは言えないですが。

 

これは結婚式当日の撮影もそうですし、カメラマンに撮影を依頼する際はどうしてもつきまとう部分になります。

 

ただ、その中でもロケーション撮影は、撮影する場所、時間帯、天候、その時の状況などカメラマンの適応力がとても大事になります。

 

撮影場所をどのように活かすかはカメラマンの技術次第です。(あくまで今回はロケーション撮影のことだけに関して)

 

ぜひロケーション撮影を行いたい時は、ロケーション撮影が素敵だなと思えるカメラマンに依頼をしましょう。

まとめ

スタジオ撮影とロケーション撮影に関してこうやって比べてみると、

 

時間もなるべくかけたく無い、料金もドレス、和装は着たいけど料金は抑えたい。というような方はスタジオ撮影を。

 

自然な雰囲気で、その時間自体が思い出になるような、素敵な環境で写真を残したいのであればロケーション撮影を。

 

というような基準で選んでいただけたら良いのでは無いでしょうか。

 

もちろん、撮影会社やカメラマンが気に入って依頼をするというのがまず初めに重要だとは思いますが、

ぜひそれぞれの内容を参考にしていただき、結果的に新郎新婦のおふたりにとって良いお写真が残せると嬉しく思います。


Wedding Photographer

HIKARU KIKUCHI

1987年生まれ、東京都在住、北海道出身、実家は牧場で牛を育ててます。

2007年より写真撮影会社にて写真の基礎を学び、結婚写真の撮影を始める。

2015年フリーランスフォトグラファーに。

前撮り、フォトウェディング、結婚式当日の撮影など年間約150組の撮影を担当

2017年これまでの経験を生かし、より多くの新郎新婦や家族にフォトグラファーだからこそ撮れる『温度や音や気持ちが伝わる写真』を届けたいと思い、Fika and Fotos 設立

2018年ウェディングフォトアワード金賞受賞

WRITERS ARTICLE

1987年生まれ、東京都在住、北海道出身、実家は牧場で牛を育ててます。

2007年より写真撮影会社にて写真の基礎を学び、結婚写真の撮影を始める。

2015年フリーランスフォトグラファーに。

前撮り、フォトウェディング、結婚式当日の撮影など年間約150組の撮影を担当

2017年これまでの経験を生かし、より多くの新郎新婦や家族にフォトグラファーだからこそ撮れる『温度や音や気持ちが伝わる写真』を届けたいと思い、Fika and Fotos 設立

2018年ウェディングフォトアワード金賞受賞

WRITERS ARTICLE