HOME

BEGINNER

CONTACT

SEARCH

MENU

View
130

最高のガーデンウェディングにするためのチェックポイント!ガーデンに映える装飾のコツは?

結婚式準備|23 AUGUST, 2018|WRITER:

今流行りのガーデンウェディング!海外ウェディングでは定番にもなっていますし、おしゃれ花嫁さんならすでに目をつけている方もいるかもしれませんね。

 

そこで今回は、ガーデンウェディングをより一層理想に近づけるためのガーデンの使い方〜装飾〜についてご紹介したいと思います!

 

ガーデンウェディングの場合、チャペルなどで行われる挙式・披露宴と比べて見え方・できる事などが変わるため、装飾の選び方もだいぶ変わるものです。

 

この記事を参考にぜひイメージを膨らませてみてくださいね。

1、ガーデンウェディングと言ってもガーデンの使い方はいろいろ!

ガーデンで何を行いたいかによってガーデンの使い方が変わります。一言でガーデンウェディングと言ってもさまざま。

挙式のみや挙式後のフラワーシャワーやブーケトス、ケーキカットなどのセレモニーを合わせて行なったり、デザートブッフェや再入場にフォトシューティング、さらには送賓を行なったりなど、いろいろなシーンで使うことが出来ます。もちろん、挙式~パーティを全てガーデンで出来るところも増えてきています。

 

最近は、格式張った披露宴スタイルもなくなってきています。来てくれたゲストと気楽にたくさん写真を撮ったり、お話したり、開放感溢れたガーデンで海外のような雰囲気でパーティーがしたい!そう思う花嫁さんが増えてきました。

 

式場もガーデンを売りにしているところが増えてきましたし、最近は「インスタ映え」するかわいくておしゃれなデザートブッフェがあるところもたくさんありますね。

 

ゲストもずーっと席に座りっぱなしでは退屈してしまいますし、同じ披露宴会場にいるのも飽きてしまいます。ゲストのためにも場所を変える=ガーデンを使用するという選択肢があるのは嬉しいですね。

 

大事なポイントとして、ゲストが外に出るのが不快ではないかが重要です!

真夏・真冬のウェディングでガーデン使用の時間が長かったり、お年を召したゲストが多い、会社関係の重役が多い、などの場合もどの部分でガーデンを使用するかよく考えたほうが良いかもしれませんね。

 

2、やっぱりみんな心配・・・もし当日雨だったら?

そして一番気なるのが、ガーデンウェディングの最大の敵!雨。

 

会場によっては収納出来る屋根などの設備があり、雨が降っても大丈夫なように作られているところもあります。半屋内になるので陽も差し込んだりして開放的に楽しめ、かつ雨の心配もしなくても済みます。

 

しかし、全ての会場がそういうわけでもありませんし、屋根など無い空間で「大自然の中でガーデンウェディングをしたい!」そういう花嫁さんもいますよね。

 

「もし当日雨だったら…」なるべく考えたくないとは思いますが、雨の場合の対応をしっかりと確認して式場と打ち合わせをし、当日雨でも納得できるように準備しておく必要があります。

せっかくお金をかけて頼んだお花などの装飾が、雨が降って室内に変更になった場合は使えなかったり、室内の会場だとイメージと違ってしまったりする場合がありますので注意が必要です。

また、シャンパンオープンなど一部のセレモニーは屋内では禁止している会場もあります素敵なガーデンウェディングを実現するためにも細かいところまでしっかりと打ち合わせをしておきましょう。

 

3、統一感はとても大事!「テーマ」を決めて結婚式の装飾を考えよう!

ガーデンウエディングに限らず、結婚式を考えていく上で大切なのは「テーマ」です。

インスタなどで可愛い装飾などを見るとついついあれもこれもと、気づけばテーマに統一性がない。なんてことも。

 

せっかく揃えたお気に入りのモノのはずなのに、会場に飾るとごちゃごちゃしている。それでは、せっかくの装飾が台無しになってしまいます。自分たちらしさを出したガーデンウエディングにするためには、好きな色やお花、季節感などテーマを持つ事で統一感を演出できます!

 

例えばガーデンのナチュラルな雰囲気を活かしてグリーン×ホワイトに統一。装飾もレースや小瓶を使い、お花も野花を摘んできたようなナチュラルなものにしたり…

 

ナチュラルなのは好きだけど少し海外風におしゃれにまとめたい時は、ドライフラワーを使ったり、流木やジュート(麻布)をポイントに。色もシャビーな色合いを取り入れるとぐっと海外風ウェディングに近づきますね。

 

くすみカラーという言葉が流行っています。ピンクだと可愛すぎるけどくすみピンクはおしゃれ。ブルーだと爽やかすぎるけど、グレーとブルーを混ぜたような絶妙な色合いのブルーグレーなど、ブーケのリボンやペーパーアイテムにさり気なく使えばもう上級者です!

 

ボヘミアンな雰囲気をガーデンで出したい時は、ティピーテントという最高におしゃれなものを使用するのもアリ。人が入れる大きさを置いてもおしゃれですし、ちいさめサイズにして、2人やゲストとの写真を飾る装飾の一部としてもいいですね。ガーデンにはボヘミアン柄のラグとクッションを置いてゲストがくつろげるスペースを…乾杯は各国のビールでかんぱーい!なんてどうでしょう!

 

こんな風にアイディア無限大!自分がどんな雰囲気が好きなのか、インスタなどを参考に見てみましょう。その中からこれを取り入れる、これはテーマとはブレるなどが見えてくるはずです。

 

4、やってみようDIY!ガーデンに映える理想のアイテムの材料が100円ショップで揃っちゃう!

ガーデンをどのようにして使い、全体の統一感を出すためのテーマを決めたら、次は装飾選びですね!

 

またDIYとは、「Do It Yourself」の略で自分でやるという意味。最近は新郎新婦が自らインスタグラムなどで情報を集め、結婚式で使う装飾品や小物など手作りする方が多いですよね。

 

数あるガーデン映えする装飾から、自分たちで作ることができるものをいくつかピックアップしたいと思います。

 

(1)定番中の定番!ガーランドを飾ろう!

ガーデンでガーランドを使うメリットとして、開放感のある空間を最大限に活かせることです。ガーデンには天井がないので、そのガーデンを渡すようにガーランドをつけるとまるで異空間にいるような雰囲気になるのです。風が吹くと揺れるのでそこもポイントになります。

 

ガーランドと聞くと、「JUST MARRIED」や「HAPPY WEDDING」などと書かれたフラッグタイプのカラフルな可愛い印象のものを思い浮かべるかたも多いかと思います。

ナチュラルな雰囲気にしたいからガーランドはちょっと… ガーランドって、ちょっと子供っぽい感じがする…などのイメージがあるかもしれませんね。

 

ガーランドと言っても種類はたくさんあります。好きな布を買ってきて二等辺三角形に切ってひもでつなげていく…そんな感じの王道なものから、レースを使ってガーランドを作ったりも出来ます。ガーランドは三角形でなくてもいいので、レースやチュール・シフォンなどの布を裂いてひもに結びつけて作るリボンガーランドというのもあります。

結ぶだけで作れるのでとっても簡単にできますし、フォトブースにも使えちゃう便利装飾グッズです。

 

さらに、ガーランドは布だけに限りません。シャビーな雰囲気にしたい時のガーランドは、ドライフラワーガーランド。これはとってもインスタ映えします!

ゲストが見て楽しめるものにしたい時は、写真ガーランドも面白いですね。自分たちのテーマに沿った雰囲気のガーランドを使用する事でガーデンの雰囲気はガラッと変わること間違い無し!

 

 

(2)カラフルなボンボンやバルーン

ガーデンの装飾は前述のガーランド同様、風に揺れるものがガーデンの利点を最大限利用していておすすめです。ポップ・キュートな雰囲気にしたい場合は、ペーパーボンボンなどを使うと更に可愛さアップ。

 

ガーデンの枝などに大小さまざまなボンボンを吊り下げると、どこで写真をとってもフォトブースになります。結婚式はなんといっても写真を取ることを考えて装飾をしてもいいと言っていいくらい。

 

ゲストが新郎新婦を撮ったり、フォトラウンドでゲストと一緒に撮ったり…フォトブースもあるけど、ガーデンが全部可愛ければそんなの関係なくなりますね。

 

バルーンも、おしゃれな花瓶に結んで置いたり、椅子に結んであったりなどいろいろな使い方が出来ますし、送賓時にお子様ゲストにおみやげとして渡すとさらに喜ばれます。

 

 

(3)木々の間に布を渡そう!

ガーランドはやっぱりちょっとかわいすぎるな…という時は、布を使ってみましょう。ガーデン全体にゆったりと布を木々の間を縫うように渡せば、ゲストもあっと驚く空間のできあがりです。光を通す素材の布(白がおすすめです)を何本か使って作り上げます。

 

柔らかな太陽の日差しが布の間から木漏れ日として降り注ぎ、風が吹けば、布が揺れて心地よく過ごせること間違い無し!

 

かなり大掛かりになりますし、お値段もポンと跳ね上がりそうな装飾ですので会場との交渉が必要になるアイテムになりますが、やる価値はある装飾の1つです。

 

 

(4)DIYで作っちゃおう!ドリームキャッチャー

ボヘミアン風のウェディングを目指している花嫁さんならもう準備されている方もいるかもしれませんね。

 

「悪い夢を捕まえて、いい夢が網目の部分から通れる」という縁起のいい装飾品なのです。

特大サイズを作って、ガーデン挙式の後ろに置いたり、枝からたくさんぶら下げてもおしゃれですね。

 

また、ドリームキャッチャーは100円ショップで材料揃えて自分で作ることが出来るので、オリジナルウェディングを目指している人にはおすすめです。

100円ショップも最近は凄まじい進歩を遂げており、工夫次第で簡単にクオリティの高いDIYアイテムが作ることが可能です。

 

式場からのどんどん跳ね上がる見積書に頭を悩ませている花嫁さま方!ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

理想に近づけるためのガーデンの使い方~装飾〜について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回、紹介した装飾以外もガーデンに映える装飾はたくさんありますのでインスタなどを参考にしてテーマに合いそうな装飾を見つけてみてください!

 

そしてぜひ100円ショップを有効活用して、自分でDIYに挑戦してみましょう。ただ会場によっては持ち込み自体が出来なかったり、持ち込み料がかかったりするケースも多いのでDIYをたくさんしたい方は会場と契約する前にしっかりと確認しておきましょう。

 

自由な発想で開放感を生かしたお気に入りの装飾でガーデンウェディングが出来たら最高ですね!