HOME

BEGINNER

CONTACT

SEARCH

MENU

View
458

納得いく結婚式写真を残すために!カメラマンが教えるプランのコト

一生に一度の特別なイベント、結婚式。

結婚式を写真や映像に残したい!と考える新郎新婦さんが多いのではないでしょうか。

 

式場で写真撮影を注文する場合、そのほとんどがプランによってアルバムの種類と納品される写真の枚数が違ってきます。

でもいきなり「数百カットプラン!」と言われても正直ピンと来ないですよね。

それって多いの?少ないの?

 

打ち合わせの際にご新郎ご新婦様が

「この一番下のプランでも300カットあるんでしょ?300カットもあるなら十分だね」

なんてお話されていたことも何度もありました。

 

果たして、300カットプランは十分な量なのか。

現役カメラマンからすると、安易に決めてしまうのは避けてほしい

重要なものを省いている、そんな「ちょっと残念なプラン!?」かもしれません。

 

一生に一度の結婚式。

後悔して欲しくないので、結婚式カメラマンが簡単に解説していきます!

 

結婚式準備は大変!写真まで頭が回らない!?

 

私は現在フリーランスで、結婚式撮影専門で出張撮影をしています。

 

写真の専門学校夜間部を卒業し

横のつながりを大切にするフリーカメラマンの世界で生きているので

 

友人知人にはカメラマンが多く、ウェディング以外の業界で生きている方もたくさんいます。

 

その中にもちろん

ウェディング以外のカメラマンをしている友人カメラマンの結婚式に列席、なんてこともあるわけですが

ウェディング業界の自分にとって衝撃を受けたエピソードがあります

 

それは

 

「決めることが多すぎて、写真まで頭が回らない」

 

プロのカメラマンで当然写真が大好きな友人なのに、写真のプランを考える余裕はない。

 

一番大好きなものにも頭が回らない!

結婚式の準備ってそんなに大変なものなんだ!

 

とても驚きました。

 

カメラマンですらそうなのだから

普通の方はもっと写真の優先順位は低い、という方もいるかもしれませんね。

 

料理や席次表、ドレスにお花、上映するムービーや演出

みなさん結婚式のこだわりポイントがあり

それをどう残すかというのを最初に考えるのは確かに難しいこと。

 

もちろん後で落ち着いてからでも構いません。

でもなかなか準備が進まなくて落ち着くが出来ず、最初に選択していたよく覚えていないプランに決定。

こんなふうになってしまう可能性は結構高いです。

 

ちなみにその友人は、後日しっかりと写真打ち合わせをし

カメラマンを指名してたっぷりと素敵な写真を残すことが出来ました。

 

結婚式は緊張と、楽しさと、感動であっという間です。

結婚式の後、残るものは、写真です。

 

「一瞬一瞬の感情が伝わってくる」写真や映像で残すことはやっぱり大切なこと。

写真にさほど興味がないという方もどうか、かけがえのない1日を残してほしい。

 

思い出は断片的であり

それも結婚式という日常とかけ離れた特別な1日

広い会場の中でどこで何が起きていたか、記憶できるでしょうか?

 

どうしても伝えたい1点、写真の枚数について綴ります。

 

会場プランは持ち込み業者より納品枚数がはるかに少ない?

 

結婚式の写真撮影を注文する際

 

「会場のプランの中から選択する」

「外注業者に依頼する」

 

などがありますが

そこで必ず出てくるのが納品される写真の枚数です。

 

私は活動拠点にしている関東では、納品枚数400カットほどのプランを軸としている会場が多く

プランによって300カットだったり、500カットだったりしますし

最近では200カットプランという式場もあったりします。

 

もちろん納品枚数無制限という式場もありました。

 

少なければその時点でその結婚式場はダメ、というわけではもちろんなく

写真まで費用を出せない方にも、どうにか少しだけでもプロカメラマンが撮った写真を残してほしい

という結婚式場の思いで、今までのプランを崩さないかたちで後から追加した、というものだったりします。

 

そして写真撮影を持ち込みにした場合ですが

外注業者やフリーランスのカメラマンを選択すると

納品枚数は600カットや700カット。多い場合は1000カットを超えることもあります。

 

もちろん多ければ良いというものではありません。

 

私自身の撮影や、フリーカメラマン仲間の話を聞くところによると

おそらく外注業者やフリーカメラマンの納品枚数はおおよそ600カットから900カットほど。

私の撮影では大体700800カットになることが多く

どちらにせよ、会場の納品枚数とはかなり開きがありますね。

 

ゼクシィ 結婚トレンド調査によると

2016年の披露宴・披露パーティーの招待客人数は、平均71.6人という数字が出ています。

 

主観的な意見になってしまいますが70人ほどの結婚式を撮影し

目の前で起こる『残してあげたい瞬間』を撮っていけばそれだけで500カットは超える

というカメラマンが多いのではないでしょうか。

 

また、新郎新婦と当日に担当するカメラマンが打ち合わせすることが少ない会場プランに比べ

外注業者は打ち合わせをしていることが多く、お二人のことを深く理解し

結婚式のこだわりポイント、家族や友人の話などを事前に把握しているため

自然と500カット、600カットと枚数が増えていきます。

 

当然ゲストの人数によっても変わっていくのですが、ここで疑問が出てきます

 

外注のカメラマンが自然に撮ると

少なくとも500カット600カットは超えることが多い結婚式撮影。

 

式場の平均的な400カットプラン

アルバムのランクを下げた場合の300カットプラン、そして確かに存在する200カットプラン

 

これらのプランでは「何かが省かれている」ということです。

 

一体何が省かれているのか、紹介していきます。

カメラマンが本当に残してあげたいシーンなのに撮れない?

 

結婚式写真で、省いていくもの。

 

それはズバリ「残すべきシーン」です

 

といっても、もちろん残すべき重要なシーンから省いていく、ということではありません。

 

当日の進行を説明するカットを優先的に残すということで

披露宴でいえば、お二人入場、歩いているシーン、新郎ウェルカムスピーチなど

 

でも実際には

入場した二人に向けてカメラを構える新婦側ゲスト、拍手する新郎側ゲスト

メインテーブルに向かって歩いているシーンで、厳かな挙式の際と違い緊張感がほぐれたおばあさまの笑顔

 

新郎ウェルカムスピーチを見守る友人

少しセリフを噛んでしまい恥ずかしそうに下を向く新郎

 

「大丈夫だよ、落ち着いて」と励ます新婦

 

これはあくまで例ですが

実際に結婚式中ずっと、流れの中で様々なことが起きています。

 

カメラマンによっては繋いでいる手をアップで撮ったり

歩いているシーンでお二人の後ろに回り込んで撮ったり

少しでもお二人に喜んでもらえるような写真が撮れるよう工夫しています。

 

このように結婚式の進行から派生して、同時進行で起きているシーン

その日お二人と初めましてだったカメラマンですら心動かされる素敵なシーン

それが省かれているのです。

 

もっとわかりやすいところでは「お二人がいないシーン」

 

受付や、挙式披露宴入場前、中座中など

特に中座中などでは会場プランではあまり写真に残せません。

理由は単純、カット数がオーバーするからです。

 

20分間ほどの中座中には様々なことが起こっていて、ここにも笑いや感動があります。

これは私が個人的に残してあげたいのではなく

実際に、多くのお客様が残してほしいと望まれるシーンの一つなのです。

 

 

式場カメラマンの多くはお客様との打ち合わせがなく

当日メイクルームで初めてお二人とお会いする、というパターンです。

 

それがフリーランスとして活動するようになってからは、しっかりと打ち合わせができるようになりました。

 

そこで想像以上に多かった撮影要望こそが

「自分たちがいないところでのゲストの様子をたくさん撮ってほしい」

「当日自分たち見えないゲストの様子や表情を後で楽しみたいから撮ってもらいたい」

「プロフィール映像に学生時代の写真をたくさん使っているから反応が知りたい」

というものです。

 

ほぼ全員の方が希望されるのです。

 

お二人が見えない場面を残す。

式場カメラマン時代になんとなくこだわっていた自分の美学が

実際に多くのお客様が求めていたものなんだ、と確信出来た瞬間でした。

 

写真にこだわっている人はもちろん

そして写真にあまりこだわりを持っていない人も気づかないだけで本当は望んでいる

隠れた重要なニーズだったのです。

素敵な写真を納品出来なかった悔しい経験

 

例えば700枚の写真を400枚に減らそうとすると

大きく進行の流れに影響を及ぼさない写真、なくてもわからないシーンから

つまり二人がいない時間帯や、ゲストしか写っていない写真から省いていくことになります。

 

でも本当はそこにこそ

結婚式写真の大事なものが詰まっているのです。

 

式場カメラマン時代

素敵な写真なのにどうしても納品できなかった。

そういったことが何度もありました。

 

例を挙げるならば

テーブルフォトラウンド中みんなで記念写真を撮って、2人が次の卓に移動していく瞬間

気づかれないようにみんなに背を向けそっと涙を拭う寡黙そうな新婦お兄様。

 

新郎謝辞中、さっきまで盛り上がって騒いでいたのに真剣な表情で聞き入り涙ぐむ男性ゲスト、などです。

 

ゲストが多く、記念写真を撮ることが多いパーティーだと

結婚式の大まか流れと、みんなに目線をもらった記念写真だけで300カットいっぱいになってしまいます。

 

300カットだとゲストの様子はほとんど入れられない。

400カットプランでも同じゲストの写真を何枚も入れる事はできない。

 

上の例のような写真は納品しなくても決してクレームにはなりません。

そんなシーンがあったことをお二人は知らない、これからも知ることはないからです。

 

そのような写真が無くても素敵な結婚式の輪郭は残せるかもしれません。

でもその写真があることで深みが変わってくる。

後から見返した時に込み上がる感情は大きく変わります。

きっとその1日を語る上であった方がよりいい

重要な「省かれる写真」がたくさんあるのです。

 

また、カット数の少ないプランに1520万と決して安くない料金を式場に支払っても

式場カメラマンは撮影していない時間が多々存在し

その間もカメラマンの目の前でたくさんの出来事が起きているのです。

 

怠けて撮らないのでなく、撮れない

なぜなら、撮っても納品出来ないのです。

二度と撮れない特別な1日

 

結婚式といえば「一生に一度の」

この言葉が嫌というほどついて回ります。

 

業界の決まり文句のようで口にするのに少し抵抗はありますが

それでもやっぱり撮り直しは出来ないのは事実。

良い物を残してほしいというのが本音です。

 

結婚式はあっという間に過ぎてしまう。

でも写真があれば、いつでも当時の空気に触れることが出来る。

そこに「素敵なシーンなのに納品できない」なんてことはあってはならないと思います。

 

300カット400カットは多いと感じている方

200カットでも最低限は残せるんじゃないか、と考えている方

「あなたの結婚式」をどのように残すか、今しか準備することは出来ないことです。

 

結婚式はその日が過ぎれば思い出になり、写真になり、その写真がまた思い出になる。

大切な人が自分たちのために集まってくれる、特別な日です。

 

当日のみなさんの様子を、後でじっくり楽しみませんか?

 

まとめ

これまで散々、カット数の少ないプランを批判してしまいましたが

これらのプランを作っている式場を批判したいわけではありませんし

カメラマンは必ず持ち込みにするべきです、と主張するつもりもありません。

 

元々、昔はフィルムでたくさん残すにも限界があったし

結婚式写真そのものが10年前20年前とは大きく変化し

ドラマティックな結婚式写真が劇的に増えたと思います。

 

デジタルカメラになって結婚式写真の表現方法、可能性を探求するカメラマンが増え

SNSなど様々な情報をやりとりできるようになり、結婚式写真は進化していきました。

 

そして同時に、結婚式を控えたお二人が

同じようにSNSを中心に、テレビや雑誌から視覚的な刺激を受け

日常生活の中で自然と美的感覚を磨き、結婚式写真業界全体のレベルの底上げに繋がりました。

今では全国に、結婚式に情熱を注ぐカメラマンがたくさんいます。

 

しかしそんなカメラマンの何割が声を上げたところで

全国の式場のプランが今すぐに変わるわけでもありませんし

長年同じようなプランでやってきていて、過去に何万組というお客様もいる。

 

カット数の底上げや、カット数無制限化が一斉に起こる可能性は低いと思われます。

 

なのでせめて200カット300カットプランはできる限り避けてほしい。

 

400カットプランでも決して多すぎる枚数ではない。

 

出費はかさみますがプランを上げるか、カット数を追加できるなら追加する

もしくは持ち込みカメラマンに依頼されることをオススメします。

 

結婚式の記録にはそれだけの価値があります。

 

結婚式準備に追われる中

写真の枚数なんて気にしていなかったな

プランを確認してみよう、と

少しでも興味を持っていただけたならこの記事の意味はあったかと思います。

 

それはまた結婚式業界全体の前進に繋がります。

 

二人の見た景色

みんなが二人を見た景色

カメラマンが二人に見せたい景色

 

大切な時間を残しましょう。