HOME

BEGINNER

CONTACT

SEARCH

MENU

View
1416

大人気!ドレス撮影とは違う私服エンゲージメントフォトの魅力とは?

一昔前までは結婚式の前に撮る写真といえば

ドレスや和装を着てしっかりとヘアメイクをして撮影する

「前撮り写真」という選択肢しかありませんでした。

 

しかし昨今

ドレスや着物を着ずに、普段着で撮る前撮りが増えています。

 

時代と共に変化する前撮りのかたち。

 

急増するエンゲージメントフォトの魅力に迫ります。

 

 

・エンゲージメントフォトとは

エンゲージメントフォトとは、私服前撮りとも言われるもので

カップルがドレスやタキシード、和装などではない私服

例えばペアルックやお気に入りの普段着を着て写真を撮ることです。

プロポーズから結婚式までの期間に撮るものであり

撮影するのはプロカメラマンじゃなくてはいけないというものではなく、友人や知人に頼むケースもあります。

 

これまでの前撮りでは

衣装・メイク・写真撮影がセットになっているスタジオで撮影するものの他

結婚式場で撮ったりチャペルを借りたり、ロケーション撮影と呼ばれる公園や海などでの撮影

和装だったら庭園や整備された文化財に指定されているような建物での撮影が主流でした。

しかしそこもエンゲージメントフォトは違い

場所も撮り方もルールはなく、自由に自分たちの決めて撮影出来るのです。

 

スマートフォンによる写真技術の向上や、加工アプリの充実

そしてSNSの爆発的な普及などもあり、写真の文化が身近なものとなり

ここ数年で一気に人気となった、それがエンゲージメントフォトです。

 

・前撮りよりも気軽に撮れる

エンゲージメントフォトが普及した一番の要因

それはズバリ、気軽に撮影できる点です。

 

先ほども書いた通り

必ずしもカメラマンがプロである必要はありません。

友人や親戚が撮る写真というものには、二人との近い心の距離感があり

プロカメラマンには撮れない写真だってあります。

 

写真を趣味にしている知人なんていたらとても心強いですね。

 

しかしこれが衣装を準備した前撮りだと

衣装をレンタルし、プロのヘアメイクさんを手配するのが通常で

場合によっては建物や庭園の撮影料などが発生します。

そこで「カメラマンは友人でいいか」という判断にはなかなかならないもの。

 

それにドレスや和装を着たりすると一気にその日1日に「特別感」が出てきます。

それは前撮りならではの「非日常的な体験と完成された美しい写真」というメリットでもありますが

人によっては身構えてしまいますね。

ドレス、和装での前撮りを申し込むと平均的な料金で10〜20万円ほどかかります。

「料金をたくさん支払っている」という気持ちも出てくることでしょう。

 

しかしエンゲージメントフォトだと写真を撮ってくれる人がいたらそれで撮れてしまう。

場所も探せば、電車で移動することなく撮ることだって可能です。

そこまで緊張せずに撮影当日を迎えられ、いつも着ている服で臨めばいい。

その手軽さが魅力が大きなです。

 

 

・プロに頼んでもリーズナブルな料金

友人に撮ってもらう、という方も多いですが

エンゲージメントフォトでは、プロに頼むという選択肢の敷居も下がっています。

最近はエンゲージメントフォトの撮影を専門とした会社だったり

SNSから気軽に依頼できるフリーカメラマンも増えてきました。

 

その料金はドレスや和装の前撮りとは違い、実にリーズナブル。

 

カット数やカメラマン指名の有無、クオリティーは様々ですが

20,000円を切る価格のところもありますし

著名なカメラマンさんでもだいたい50,000円以下で撮影できます。

 

前撮りを検討されたことのある方はご存知かと思いますが

先ほども挙げた通り、前撮りにかかる料金は本来平均10万円〜20万円ほど。

それがカメラマンのみの手配で撮影が可能となるためこのような料金で撮影可能なのです。

 

興味がある方は一度ネットやSNSで検索し

プロカメラマンに撮ってもらうことを検討してみてはいかがでしょうか?

より素敵な写真を残せることでしょう。

 

 

・エンゲージメントフォトにしかない魅力

エンゲージメントフォトには他にない魅力がたくさんあります。

 

もちろんこれは他の撮影にも言えることで

例えばドレスや和装撮影での一番の魅力は、非日常的な美しさではないでしょうか?

憧れていたチャペルや、雑誌やインターメットで見かけたお憧れの写真がきっかけで場所を決めるなどし

衣装や場所、メイクにもこだわり日常では味わえない美しい姿を写真に残す。

これはエンゲージメントフォトにはない魅力ですね。

 

天候に影響されず、プロが設定したライティングで美しい写真が撮れるスタジオ撮影

ご新婦様の多くが一度は着てみたいと感じ、ご親族にとても喜ばれる和装姿

撮影許可を取らないと撮影不可能なロケ地や建物で写真を残す、など

それぞれに魅力があります。

 

たくさんある選択肢の中から

自分たちに合ったものを選んで写真に残しましょう。

 

今回こちらで伝えたいのはエンゲージメントフォトの魅力。

 

エンゲージメントフォトにしかない、独自の魅力について解説していきます。

 

先ほど挙げた気軽に撮影出来る点、リーズナブルな点

そして忘れてはならないポイントに、自分たちらしさを自由に表せるという点が挙げられます。

 

エンゲージフォトでは撮影場所も衣装もポーズも自由です。

 

初めてデートした場所、プロポーズされた場所などの特別な場所でもいいし

近所の公園、よく通る道、駅前の商店街など特別と感じていない場所でもいいのです。

撮りたいと思った場所、そこが撮影スタジオになります。

 

旅行だったり遊びに行った場所での写真はあっても

二人の思い出の場所で誰かに撮ってもらった写真、普段よく見る景色の中にいる二人の写真

思い返せば実はあんまり無い方が多いのではないでしょうか?

 

何気なく過ごしている大切な今を残す。

10年後、20年後に見た時、きっと様々な感情が沸き起こるはずです。

 

それがプロカメラマンが撮影した写真となれば尚更ですね。

自分たちが見ていた風景の美しさを存分に引き出してくれるかもしれません。

 

時にエンゲージメントフォトは

1枚の写真からこれまでの二人の歩みや内面的な魅力を強く写し出すことがあります。

 

写真の中で過ごしていた頃の日常、撮影の際の二人の感情など物語を感じられたら

より一層楽しむことができ、写真に深みが増しますよね。

見たことがある風景の中の以前から持っている服を着て、気づけば出てくる自然な表情

いくつかの条件が揃った時にしか撮れない写真がそこにはあります。

 

 

・コーディネートのポイント

続いて撮影時の衣装について。

 

繰り返しになりますが衣装にもルールはなく自由です。

ペアルックでもいいし、好きな服でもいいし

色や柄などを合わせたアイテムを取り入れるリンクコードなんかも人気ですね。

 

撮影の時にオススメのコーデについてですが

私のオススメは、ベースをシンプルにして2人の服の雰囲気を揃えること。

そこに自分たちらしさをプラスしていきましょう。

 

例えば、白シャツ&デニム

 

これはペアルックで定番とも言えますね。

 

シンプルなのに2人揃えることでとても存在感が出ます。

透明感のある爽やかな印象を与え、笑顔がより魅力的に引き立ちますね。

春や夏は公園や森などの、緑や花の前で撮ればシャツの白さにより2人が引き立つだけでなく

そのシャツの白さは周囲の植物や建物の色をも引き立たせます。

 

今ある服でコーディネート出来る方が多いと思われますし

もし白シャツが1枚もない、デニムも1本も持っていないという方でも

撮影のために購入しても撮影後も使用できるものなので困らない可能性が高いですよね。

 

そしてこれはあくまでベースのお話。

 

二人が違ったベクトルで主張の強い服にすると

写真にまとまりが弱くなる、ということです。

 

普段白のシャツなんか着ないから嫌だ、、という男性もいるかもしれませんが

その場合は白のTシャツでもいいですよね。

当然ながらデニムパンツじゃなくても問題ありません。

 

なかなか決まらない、どんな服にするか悩みすぎてたわからなくなってしまった、という場合には

一度リセットしてシンプルに考えてみましょう。

 

重要なのは2人が臨むスタイルにすることです。

必ずしも無理に合わせる必要もありません。

 

最初に書いたリンクコーデも思い出してみてください。

同じスニーカーを履く、2人ともデニムを取り入れるなど、同じ素材のものを取り入れる

靴下にさし色を入れてみたり、同じ帽子を組み合わせるなどするだけでも

一気に統一感が出てきますよ。

 

そして少し話が脱線しますが、ニット帽というのは撮影で役立つことがあります。

それは、風が強い場所での撮影。

 

海に近かったり、ビル風が強い場所では撮影中に終始風が止まない、なんて場合もあります。

あえてそのまま撮影して風になびく髪でその場所の臨場感を出すのもいいですが

ニット帽を用いて頻繁に髪を整えることを避ける、というのも一つの効果的でオシャレに見える方法です。

 

 

・人気のワード「ナチュラル」

ここ数年、結婚式関連のワードでよく目にするワード「ナチュラル」

 

今ではナチュラルを強みにする会場やカメラマン、ヘアメイクが増えて当たり前になっています。

抽象的な部分も強く、いろんな場面で使える言葉のためやや飽和状態とも言えますが

それでも「ナチュラル」というワードの人気は絶大です。

 

そしてもちろんエンゲージメントフォトでもナチュラルというキーワードはとても人気です。

 

そこで、もしナチュラルな写真が撮りたい、と考えたことがある人は

エンゲージメントフォトこそ真っ先にオススメ出来るものです。

縛りが少ないため、ナチュラルな雰囲気に撮れる場所で、理想の光、構図をお二人やカメラマンが臨機応変に探すことができるからです。

 

これまで何度も繰り返し

エンゲージメントフォトは、ルールがなく自由なところが魅力だと書き綴ってきましたが

それに付随するところがまだあります。

 

それは、ポーズをあまり気にしなくていいところ。

 

手を繋いでいるだけでも絵になりますし

そのまま話をしながら歩いてもらうだけで日常の一部を切り取ったような、自然な雰囲気が生み出せます。

緊張の少ない空気の中、無理のないポーズ、これはナチュラルな表情に繋がります。

 

ドレスではドレスを綺麗に見せる角度、和装には和装の決まりやコツなどがたくさんあります。

そこにとらわれるとやはりカチッと決めたポーズが基本になっていきます。それはそれで素晴らしいもの。

しかし女性がドレス姿での撮影を憧れを持った方が多く様々なポーズに対応してくれるものなのですが

男性はどうでしょう。

 

タキシードを着て、カチッと決めたポーズを撮り始めると

見る見るうちに男性の表情は固まっていきます。

最初からリラックスして良い表情を出せる男性はごく稀です。

 

しかし、エンゲージメントフォトでしたらタキシードではなく普段着です。

チャペルではなく公園や近所だったりします。

 

スッと背筋を伸ばしたスーツのカメラマンに「ご新郎様こちらをご覧ください」と声を掛けられるのが

動きやすい格好で自然体のカメラマンに「〇〇さーん」と下の名前で呼ばれながらの撮影。

「ナチュラルな表情」が出やすい雰囲気で撮影が行われるのです。

 

これもエンゲージメントフォトが急激に広がった要因の一つかもしれませんね。

 

 

・その後の前撮りにもプラス効果?

これは実際に撮影をしていてカメラマンが感じることですが

先ほども書いた通り、男性は写真に撮られる時の表情が苦手な方が多いです。

 

女性ほど、写真を撮るという行為に慣れておらず

どういう表情をすれば良いのか、どうすれば正解なのかがわからないというのも原因の一つと言えるでしょう。

 

しかし、どれほど表情が固い男性でも、撮影が進むにつれ少しずつ表情がよくなっていきます。

撮影されるという非日常的な状況に慣れ始めていくのですね。

筆者の経験上、これまでエンゲージメントフォトを撮ったお二人は、続くドレスや和装での撮影や、結婚式当日のポーズ写真でも表情が良い。

 

プロカメラマンでも友人・知人でもいいですし、短時間でも構いません。

エンゲージメントフォトという気軽に臨める撮影を経験し、出来上がった写真を見てみる。これだけでその後に臨む写真はグンとよくなります。

 

料金の面でも準備や気持ちの面でも気軽に臨めることで写真の楽しさを感じてもらい、その後に繋がる結婚式へ想い強くなる。

そんな相乗効果があるんじゃないかとも考えらえるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

これまでエンゲージメントフォトに関することを綴りましたが

実は筆者は式場カメラマンとして活動していた期間が長く

エンゲージメントフォトは独立し、2年ほど前からご依頼を受け始めたものです。

 

つまり撮り始めたのは、ここ最近なのです。

しかし撮り始めてすぐにエンゲージメントフォトの虜になりました。

 

お二人の希望を聞いて様々な場所に出向き、お二人の出会いの話から趣味や仕事の話など雑談しながら写真を撮る。

そうした撮影中も、編集中も、そして編集して出来上がった写真を見た時も毎回感じることがあります。

 

それはありのままの美しさ。

 

何百回と撮影を行ってきた結婚式当日。

そして前撮り、後撮り。

 

もちろんどれも感動的で素晴らしく、大きなやりがい、幸せを感じる。

 

しかしエンゲージメントフォトにはそれらとはまた違った美しさがあります。

当たり前に過ごしている今の大切さだったり、これまでやこれからのことを1枚の写真から深く考えさせられる。

写真の前後の、写っていないはずのとても長い時間の流れ、物語を感じるという美しさです。

 

少しでも多くの人にその美しさを知ってほしい。

 

結婚が決まり、何か写真を残したいと感じている方は

カメラマンでも友人知人でもいい、気軽に残せるエンゲージメントフォトを試してみることをオススメします。

 

 


Virgiinity Chief Editor

MAMIKO KAJIWARA

1982年生まれ、香川県出身、二児の母。2008年に自らの結婚式を挙げたことで花嫁に関することやブライダル業界に疑問と興味を持つ。結婚・転勤・出産で仕事から離れた期間はあったものの、やはり少しでも多くのカップルに幸せな結婚式を挙げてもらいたいという想いから、現在はウェディングの映像製作会社であるfirstfilmの(在宅)社員として真の価値ある情報を見極めながら発信し続けている。

WRITERS ARTICLE

1982年生まれ、香川県出身、二児の母。2008年に自らの結婚式を挙げたことで花嫁に関することやブライダル業界に疑問と興味を持つ。結婚・転勤・出産で仕事から離れた期間はあったものの、やはり少しでも多くのカップルに幸せな結婚式を挙げてもらいたいという想いから、現在はウェディングの映像製作会社であるfirstfilmの(在宅)社員として真の価値ある情報を見極めながら発信し続けている。

WRITERS ARTICLE